DQ7-ドラゴンクエスト7-ドラクエ7攻略(PS版) ストーリー攻略-なぞの神殿を掲載

ストーリー攻略-なぞの神殿

フィッシュベル
  1. マリベルと話した後、家の2Fで休む。
  2. マーレからアンチョビサンドを預かり、ボルカノに届ける。
  3. 港にいる男がアミットまんじゅうアミットせんべいをくれる。
  4. 船の地下2Fでマリベルを見つけ、話しかける。
  5. 港を出た所で兵士が来て、グランエスタード王の所へ来るように言われる。
  6. マリベルが無理やり仲間になり、グランエスタードに向かう。
  7. マーレに話しかけると、キーファの大好物の小魚のつくだにをもらえる。
10G
(外観・教会屋上)
3G
(外観・主人公宅裏タル)
やくそう
(外観・よろず屋右タル)
5G
(外観・マリベル宅裏タル)
やくそう
(主人公宅1F・袋)
10G
(主人公宅1F・タンス)
110G
(主人公宅2F・宝箱)
皮のぼうし
(主人公宅2F・タンス)
2G
(洞くつ・タル)
やくそう
(洞くつ・タル)
1G
(洞くつ・ツボ)
2G
(マリベル宅1F・タンス)
やくそう
(マリベル宅1F・タル)
ヘアバンド
(マリベル宅2F・タンス)
まもりのたね
(民家B1・タル)
4G
(船B1・タル)
どくけし草
(船B1・タンス)
やくそう
(船B1タンス)
アミットせんべい
(船B2・ツボ)
グランエスタード城下町
  1. マリベルと別れる。
  2. 町の人やホンダラに話しかける。
1G
(外観教会裏・タル)
うまのふん
(外観ホンダラ宅裏・タル)
ひのきのぼう
(宿屋2F・タンス)
2G
(武器屋2F・タル)
かしこさのたね
(外観崖・タル)
2G
(崖の家1F・ツボ)
グランエスタード城
  1. 城へ行き、王の間でバーンズ王と話す。
  2. 城内を一回り。
  3. B1の老人の部屋で古びためがねを見つけてそばにいる老人に渡すと情報が聞ける。
5G
(2F・タンス)
アミットまんじゅう
(1F台所・ツボ)
やくそう
(B1・ツボ)
古びためがね
(B1・ツボ)
どくけし草
(B1・ツボ)
古代遺跡
  1. 石像の所にキーファがいて王家の古文書をもらう。
フィッシュベル
(省略可)
  1. よろず屋の主人に、グランエスタードの外れにいるじいさんの話を聞く。
グランエスタード
  1. 井戸でしんじゅ玉ゲット。
  2. 町の右上にある階段から先に進み、もの知りじいさんの所へ行き、王家の古文書を預ける。
  3. ホンダラからホットストーンを盗む。
古代遺跡
  1. 石像の所で、ホットストーン(しんじゅ玉)を使ってみるが、何も起こらない。
  2. キーファからの書き置きを見つける。
グランエスタード
  1. 城へ行くとキーファがいて、王家の古文書もの知りじいさんに預けたことを話す。
  2. 一緒にもの知りじいさんの所へ行く。
  3. 町中にもどると兵士が来て、キーファを城に連れもどす。
フィッシュベル
  1. 家で夜になるとキーファが来て、一緒に古代遺跡へ行く。
古代遺跡
  1. 石像の所で、念じると奥の扉が開く。
  2. 入口を入るとすぐ、床に古代文字が書かれていて、なぜか主人公が読める。
    心の目を とぎすまし しめされた言葉の 真実を 解き明かすべし
    遺跡が ひらかれた時 伝説は ふたたび 語られん
    ならび立つ 聖者たちは  遺跡を守り また 復活への道を しめすであろう
    ただ やみくもに 進もうとも ゆく道は ひらけない
    階段を下りて先に進む。
  3. 4人の炎の番人の謎
    石碑がありヒントをが書かれてある。
    我 炎の番人なり
    炎消えるとも 我再び これを ともさん
    我が 守りしは かぶと なりき
    その先には、まん中に燃える炎、それを囲む4人の番人の像があり、まん中の炎を消すと、像が動いて再び火をつけに行く。火を消す場所によって動く像が変わるので、右の像を動くように消すと階段が現れる。
  4. 先に進むと、聖者のかぶとを入手。4人の聖者の像を通り過ぎ奥へ進む。
  5. 4聖者の謎
    大きな天秤がある。天秤の謎を解く前に、左の階段の先で石碑があるので見ておく。
    第1の聖者は 大地をつかさどる者
    それは はるかな時であり 生きとし生けるものである
    大地そのものである
    そして その身を おおいつくす よろいこそが また おおいなる大地とならん

    第2の聖者は 風を つかさどる者
    風は 時として 真空のやいば
    おのれ自身を 傷つけることもあろう
    その身を守るべく その手に かかげるものは なんぞや?

    第3の聖者は 炎を つかさどる者
    炎の聖者が 怒りに燃えるとき わきあがる魂の炎は 何者にも おさえることは できぬ
    神たる理性で 怒りをおさえよ
    その頭上を 飾るべきは 聖なる勇気の 守りなり

    第4の聖者は 水を つかさどる者
    水は すべての命の源 けわしい滝は われらの力となり 邪悪な魂を なぎはらう
    真に強気は 怒りか? 愛か?
    その答えは おそらく 聖なる剣が示す その 先にある
  6. 天秤の間の謎
    天秤の左の皿に隠されたとびらがある。右側から乗って天秤の左側が上がっている間にそのとびらのところへ行けばよい。ただし、あらかじめ、最短ルートを確保しておく必要がある。左右の部屋の4つのとびらは、4つの床のボタンとそれぞれ連動しているので、あけておく必要があるとびらのボタンにおもりを乗せておくこと。
  7. 先に進むと、大きなとびらがあるところに出る。このとびらは次の謎を解かないと開かないので、無視して先に進む。
  8. ライオン像の謎
    進んで行くと、ライオン像と石碑がありヒントをが書かれてある。
    われは 真実のみを 見きわめる者なり
    こころ正しき者は 未来への道しるべをつかみとり
    こころ悪しき者は その手を失いであろう
    ライオン像が口をあけているので、手を入れればよい。古代のカギを入手できる。
  9. 7の大きなとびらが開くのでそこから奥に進む。
  10. 分かれ道の謎
    進んで行くと、壁画と石碑がありヒントをが書かれてある。
    生命の宿る木は みな 太陽に向かって その葉を しげらせる
    道に迷いし 旅人も また 陽光を求めて 歩むべし
    壁画には木の枝に葉っぱが1枚ついた絵が4つ描かれている。つまり、葉っぱが描かれた枝の方へ進めということ。左・右・左・左の順に選択すればよい。
  11. 高いはしごがあり、右に滝があるマップがあり、先に水路のあるマップに出る。
  12. 竜と水晶の謎
    進んで行くと、竜の手と水晶と石碑がありヒントをが書かれてある。
    神に つかえし 竜は 聖なる水晶と 共に 生まれ また 水晶の光と 共に くちる
    つまり、水晶をもう一方の竜の手に移せば、水位が変わる。新しく水路ができて、イカダに乗り移動できるようになる。
  13. 壁画と石盤の謎
    イカダに乗ってすぐそばの階段を進んで行くと、壁画と4色の大角柱と石碑がありヒントをが書かれてある。
    秘密の大角柱の 見せるものは 語られざる伝説のみではなく 復活への 道しるべ
    描かれし石碑を 正しき順にて 台座に ささげたとき 新たなる 道が ひらかれん
    それぞれの大角柱の窓から壁画を見ることができるが、他の大角柱が邪魔して見えない場合は、そばの床ボタンで調節してから見る。その後、来た道をもどり、今度は水位が下がった方へ行くと、その先に4色の床ボタンと6つの石盤がある。石盤を壁画の内容と合わせて移動させて、ボタンの上に乗せればよい。赤=フレイム、青=マーマン、緑=かまいたち、黄=ゴーレム(きちんと乗せると「カチッ」と音が鳴る)。4つの石盤を正しく置くと、とびらの先で聖者のよろいを入手できる。
  14. イカダのところにもどり、水路を進んで行くと、聖者のよろい聖者のたてを入手。その下の通路から4聖者の像のところへ行ける。
  15. 4聖者に4つの装備を掲げる。4の石盤に示されているように左から聖者のよろい聖者のたて聖者のかぶと聖者のつるぎの順に掲げていくと、正面のとびらが開く。
  16. 赤と青の魔人像の謎
    赤青2色の宝玉がはめ込まれた魔人像がある。その横の炎台に、それぞれ赤青の炎のたいまつでつけると、魔人像の前の9つに分けられたパネルにチェスのコマのような光が発つ。その光の位置に合わせて、9つの炎台に、赤青の炎をそれぞれ3箇所ずつ火と灯すと、正面の扉が開き、台座の間へと進めるようになる。
  17. 石碑がある。
    うしなわれし 世界の姿を もとめし者よ
    世界は 四つの源にわかれ その姿を 今に残す
    あるべきものは あるべきところへ
    世界は 真の姿をあらわす
    すぐ横には、ふしぎな石版黄が落ちている。さらに黄の台座の間でふしぎな石版黄を入手。奥まん中の部屋よりふしぎな地図を入手。2つの石盤を黄の台座の間の左上の台座にはめ込むと、キーファが帰ろうと提案する。
フィッシュベル
  1. ホンダラホットストーンを取り上げられてしまう。港にいる船乗りから、ボルカノが石盤を拾ったことを聞き、ボルカノに話しかけるとふしぎな石版黄を入手。
古代遺跡
  1. キーファマリベルがパーティーに入る。黄の左上の台座にふしぎな石版黄をはめワープする。
スポンサーリンク
@ 2003- FFDQ.com All rights reserved