ファイナルファンタジー8 FF8攻略 小イベントを掲載

小イベント

<ティンマニとラグナ様のページ>

世界の各地でティンバーマニアックという雑誌を読むと、バラムガーデン教室のネットワークでラグナ様のページを見ることができる。
下記はその内容と追加されるためのティンマニのありかです。

1.ティンマニ編集部訪問・・・バラム・駅(初任務でティンバー出発後は消える)
2.ドールでギャンブルに手を出して失敗・・・ドール・パブ2F
3.エスタに行こうとしてドールに到着・・・ドール・ホテル(要宿泊)
4.発掘現場で調査したエスタに秘密・・・ティンバー・ティンマニ編集部
5.占領当時のティンバーホテル・・・ティンバー・ホテル(要宿泊)
6.ついに到着したエスタの紹介・・・デリングシティ・ホテル
7.エスタ大陸で道に迷う・・・F.H.民家
8.青きバラムホテルに宿泊・・・F.H.ホテル
9.シュミ族とも仲良し・・・トラビアガーデン・墓地
10.番外編・セントラ遺跡・・・ティンマニなし(セントラ遺跡に入ると追加)
11.魔女の騎士で映画に出演・・・シュミ族の村・民家
12.某所にあるパブと経営者の紹介・・・イデアの家
13.エスタへ行く出発点のF.H.に立つ・・・白いSeeDの船・操舵室

<未確認飛行物体とコヨコヨ>

世界の各地でUFOを発見し、コヨコヨと遭遇する

1.ウィンヒル付近の平原でUFOが牛を連れて行くのを見る。
2.ティンバーの北東のマンデービーチでUFOがモアイ像を連れて行くのを見る。
3.エスタ南のカシュクバール砂漠でUFOがピラミッドを連れて行くのを見る。
4.トラビア東のヒアデス半島そばの小島でUFOが地上絵を連れて行くのを見る。
5.エスタ・グランディディエリの森のチョコボの聖域の北の高台で不時着したUFOを破壊する→エイジスの腕輪入手
6.バラムガーデン跡地付近でコヨコヨとエンカウントする。
・倒す→加速装置入手
・エリクサーを5つあげる→コヨコヨのカード入手

<天国に一番近い島と地獄に一番近い島>

この2つの島には、一見何もなさそうだが、たくさんのレアな魔法のドローポイントが点在する。ただし、こちらのLv.に関係なくエンカウントするモンスターは全てLv.100で、エンカウント率も上がるので要注意(エンカウントなしのアビリティが有効)。

天国に一番近い島
位置:エスタ・グランディディエリの森の北東の島
ドローポイント:アルテマ(4箇所)、メテオ(4箇所)、フレア(3箇所)、ホーリー(3箇所)、トルネド(3箇所)、クエイク(3箇所)、トリブル(3箇所)、オーラ(3箇所)、アレイズ(3箇所)

地獄に一番近い島
位置:デリングシティから南西の列島の先端の島
ドローポイント:アルテマ(5箇所)、メテオ(5箇所)、フレア(3箇所)、ホーリー(4箇所)、トリブル(6箇所)、オーラ(5箇所)、アレイズ(4箇所)

<三つ編みの図書委員>

バラムガーデンの図書室では、特定の条件下で訪れるとゼルと三つ編みの図書委員のイベントがあります。

-※1-Disc1、初任務を受けるまで

三つ編みの図書委員:「図書館内では
1.大きな声で話すこと
2.食べたり飲んだりすること
3.走り回ること
・・・・・・が禁止されています」
三つ編みの図書委員:「それと・・・・・・
4.返却期間は守りましょう
5.席取りはやめましょう」
三つ編みの図書委員:「今度の授業、図書館のマナーの説明なんです。小さな子供たちに、教えてあげるんです。」
三つ編みの図書委員:「私の説明で、きちんとわかってくれるかとても心配です・・・・・・」
-※2-Disc1、初任務を受けた後、パーティーにゼルがいる

三つ編みの図書委員:「欲しい本がありましたら図書委員までどうぞ。どうぞ、ご遠慮なく」
ゼル:「『さよならプルルン』ってのずーーーーっと待ってるんだけどまだ戻ってこねぇのかな?」
三つ編みの図書委員:「あっ、ゼルさん・・・・・・」
三つ編みの図書委員:「す、すぐ、催促します・・・・・・ もう少しだけ、お待ちください・・・・・・」

-※3-Disc2、バラムガーデン内紛時に学園長派でゼルがパーティーにいる場合、メガフェニックスをくれる

三つ編みの図書委員:「あっ、あっ、あの・・・・・・そ、その・・・・・・よっ、よっ、よかったら・・・・・・」
三つ編みの図書委員:「あの・・・・・・、その・・・・・・こ、これ、つ、使ってください」
ゼル:「おっ、サンキュー」

-※4-Disc2、バラムガーデンの内紛後、三つ編みの図書委員とキザなSeeDが話していて、そこに図書委員が来る

キザなSeeD:「君がこの前紹介してくれた本とっても面白かったよ」
キザなSeeD:「また紹介してくれないかな?すぐ読み切っちゃうと思うけど」
三つ編みの図書委員:「良かった、気に入ってくださったんですね。私、その人にぴったりな本を探すのが好きなんです」
三つ編みの図書委員:「少しの間だけでもいい・・・・・・少しでも心に残るような本を皆さんに読んでいただきたいのです」
図書委員:「それはそうだけど、今は特に『ある人』に読んで欲しいんでしょ?」
三つ編みの図書委員:「な、なに言ってるの・・・・・・っ!」
図書委員:「あ・ん・し・ん・して!私たちは応援しているからね!」

もう一度三つ編みの図書委員に話しかけると、
三つ編みの図書委員:「あの人が、私が選んだ本を気に入ってくださるかどうか・・・・・・」
三つ編みの図書委員:「あまり図書館に来ない方ですし・・・・・・図書館が似合わない方ですし・・・・・・・・・・・・いえ、その、良い意味ですよ・・・・・・!」

もう一度キザなSeeDに話しかけると、
キザなSeeD:「・・・・・・『ある人』・・・・・・?誰のことだ・・・・・・?」

もう一度図書委員に話しかけると、
図書委員:「あの、お探しの新刊、入りましたよ。私も好きなんです、あのシリーズ」
図書委員:「これから、あのシリーズはすぐに入荷するようにしますからちょくちょく図書館に来てくださいね!」
キザなSeeD:「あ、ああ・・・・・・あれか・・・・・・そうだね、そうさせてもらうよ」

-※5-Disc2、コンサートの楽器担当を決める時、アーヴァインが単独でやってきて三つ編みの図書委員に話しかける

三つ編みの図書委員:「貸し出しですか?ごめんなさい、今は少し・・・・・・」
三つ編みの図書委員:「けれど、きちんと返してくださるならどうぞお持ちになってください」

その場を離れようとすると、
三つ編みの図書委員:「・・・・・・あの あと・・・・・・」
三つ編みの図書委員:「ゼルさん・・・・・・お元気ですか・・・・・・?」
アーヴァイン:「ゼル~?あいかわらず熱血してるよ~」
三つ編みの図書委員:「良かった・・・・・・」

もう一度三つ編みの図書委員に話しかけると、
三つ編みの図書委員:「あ、いえ。私、ゼルさんのこと、知っているので、少し、心配で・・・・・・」
三つ編みの図書委員:「そ、それだけです・・・・・・」

-※6-Disc2、バラム修復以降

ゼル調査員:「ゼル~!ちょっと待ってよ、ゼル~!」
ゼル調査員:「あたしたち、ゼル調査員です」」
ゼル調査員:「ゼル調査員でーす」
ゼル:「なんなんだぁ!?」
ゼル調査員:「深く考えないで私たちの質問に答えなさいよ?」
ゼル調査員:「まず、ゼルさん!あなたの好きな色は?」
ゼル:「ええっ!?えっ・・・・・・とー」
この上着の赤だ!→「オッケー!熱血~の赤!」
このズボンの青だ!→「オッケー!爽やか~な青!」
誰にも言えないが、ピンク色だ!→「ふーん?ピンクぅ?ま、いいけどー」
ゼル調査員:「じゃあ、次ねー。あなたの好きな食べ物は?」
ゼル:「そうだなぁ。オレってグルメだから・・・・・・」
肉→「うんうん肉しか食わないって顔してる」
魚→「ゼルの家があるバラムの港って魚がおいしいっていうもんね」
パン→「やっぱり~!それしかないよねぇ!」
ゼル調査員:「じゃ、あとひとつ。好きな女の子のタイプは~?」
ゼル:「えええ!?・・・・・・ううーーーーんと・・・・・・」
先生:「こら!図書委員!何をサボっているんだ!ちょっと来なさい!」
ゼル調査員:「あらぁ!せっかく本題に入ったのに~」
ゼル調査員:「あーもー!ついてないなぁ、もう!」
ゼル調査員:「ゼル、アリガト!また今度ね!」
ゼル:「・・・・・・ううーーーーーーん・・・・・・」

-※7-Disc2、トラビアガーデンでの回想イベント以降。但し6の進行が遅れているとその分発生は後送りになる。6の選択肢の選び方によって内容が変化する(ここでは「青」「肉」の例を紹介)。

図書委員:「これで良し~。これで、ほとんどの質問には答えたよ。あとはこの前のアンケートの結果だけ」
図書委員:「この前のアンケートの答えもっちろん覚えてるよねー?」
図書委員:「彼の好きな色は・・・・・・?」
三つ編みの図書委員:「青・・・・・・」
図書委員:「彼の好きな食べ物は・・・・・・?」
三つ編みの図書委員:「お肉だって」
図書委員:「彼女の好きな色と好きな食べ物をあてはめて・・・・・・」
図書委員:「あ、見て見て~!これこれ~!」
図書委員:「なになに?声出して読んであげるね~!」
◎あなたと相手のラブラブ度
★☆☆☆☆
◎あなたと彼のラブ・タイプ
静かに燃える慎重な恋。気持ちのさぐり合いはほどほどに。
◎ラブスポット
海の見えるホテル
三つ編みの図書委員:「あのね、あの、し、静かにしないと・・・・・・」
図書委員:「みんな、こんな話、聞いてるほど暇じゃないよ~」
図書委員:「・・・・・・と、あらら?あららら?」
図書委員:「もしかして・・・・・・まる聞こえだったかしら?」
三つ編みの図書委員:「!!!」
三つ編みの図書委員:「し、失礼します・・・・・・!!!」
『彼女の気持ち』が伝わってきた!
図書委員:「あの子、めちゃくちゃ照れ屋なのよね~。もっと積極的にいかないと、あの鈍感くんはなーんにも気づかないと思うけどね~」
図書委員:「でも、気づいたとしてもきっと鈍感くんはなーんにも出来ないとも思うけどね~」
図書委員:「この本、よく当たるって評判なんだよ」
図書委員:「貸し出し先から帰ってくるのにずいぶんかかったんだから」

-※8-Disc3、バラムホテル。但し6,7の進行が遅れているとその分発生は後送りになる。上の1,2,4,5,6,7をこなしている度合いで、会話の内容がわかります。

三つ編みの図書委員:「ゼルさんに、ぜひ読んで欲しかったんです。良かった、ここで会えて・・・・・・」
ゼル:「いや、あの、オレ、その~・・・・・・なんだ?本なんて、オレのガラじゃないし、結構ジッとだまってなんかするって苦手だし・・・・・・」
三つ編みの図書委員:「くすくす・・・・・・わかってます、よくわかります、だから、この本、探したんです・・・・・・」
ゼル:「こ、こいつは!!!」
(なんだ?よく聞こえないぞ?)
三つ編みの図書委員:「私はそれだけで胸がいっぱいに・・・・・・なります・・・・・・」
三つ編みの図書委員:「あの、ごめんなさい!勝手なこと、言いました!」
三つ編みの図書委員:「ケガなどしないように気を付けてくださいね!」
『格闘王003』を入手

<物知りゼル>

ゼルが意外にも地域の情報について物知りで、スコールに説明してくれるイベントです。

-※-Disc1・初任務を受けてティンバーへ行く列車の中で。 「な、スコール、ティンバーのこと知ってるか?」の問いに「あまり知らない」を選択すると

ゼル:「だろ? じゃあ、ちょっと聞いてくれ」
ゼル:「ティンバーは森林に囲まれた国だった」
ゼル:「ところが18年前、ガルバディアが攻め込んできたんだな、うん」
ゼル:「そしてアッサリ占領されちまった。それからガルバディア領ティンバーってわけだ」
ゼル:「デカイのと小さいの合わせて たくさんのレジスタンス組織が あるって話だぜ」
スコール:「・・・・・・それで?」
ゼル:「いや、そんだけ」
スコール:「・・・・・・」
スコール:「・・・・・・ありがとう、物知りゼル」
ゼル:「おお! まかせてくれって」

-※-Disc3・海洋探査人工島に初めて行ったとき、パーティーにゼルがいると発生。
「オレの中の『物知りゼル』が発動しそうだぜ、スコール」の問いに「期待してるよ・・・・・・」を選択すると

ゼル:「お?そうか!んじゃ話すぜ」
ゼル:「この島は、おそらく移動式の研究施設だぜ」
ゼル:「通称『軍艦島』って呼ばれてるとこだ」
スコール:「・・・・・・それで?こんな大掛かりで何を?」
ゼル:「俺達のドローシステムと同じ様なものらしくてな。世界各地をめぐっては活用できそうなエネルギーとか研究対象物を採取していたらしいぜ」
スコール:「・・・・・・・・・・・・」
ゼル:「こんなとこに流れてたなんてなあ。結構派手に研究してたらしくてな、噂じゃG.F.ですら研究対象にしてたとかで宝島のように探されてたんだぜ」
スコール:「・・・・・・そうなのか」
ゼル:「何だよ、その顔は?」
スコール:「いや・・・・・・」
(もしかしたら本当に物知りなのか?)

<チビ暴れん坊>

バラムの町にいるチビ暴れん坊は、ゼル2世のような感じの腕白な男の子です。そのエピソードを挙げておきます。

チビ暴れん坊:「あ、ゼル兄貴!」
ゼル:「よお! 来てるな、イタズラ小僧!」
チビ暴れん坊:「今日も、ゼル兄貴の母上に お世話になってるぜ!」
チビ暴れん坊:「迷惑なんかかけてないぜー? 兄貴も母上も、容赦ないもんな」
チビ暴れん坊:「うちの母ちゃん並みのお仕置き プラス ゼル兄貴のパンチじゃあ・・・・・・」
チビ暴れん坊:「さすがのオイラも ノックアウトだぜー」

ゼル:「よ、おばさん! こんちは!」
おばさん:「あら、ゼル。また一段とたくましくなったわね」
ゼル:「まぁな~。世界を股にかけて暴れ回っているからな」
おばさん:「それは頼もしいわ。・・・・・・でも・・・・・・」
おばさん:「ここ、バラムでは うちの子が・・・・・・」
おばさん:「あなたを目標にして 暴れ回っているわよ」
ゼル:「おばさーん それって、オレのせいなのか?」
おばさん:「あなたのせいじゃない・・・・・・って、言い切れないところが 辛いわ~、・・・・・・ふふ」

チビ暴れん坊:「オイラ、今日はあんまり 悪いことしてないぞ」
チビ暴れん坊:「・・・・・・」
チビ暴れん坊:「カエルを拾ってきたくらいだもん」
チビ暴れん坊:「内緒だからな!」
-※-入口横の傘立てを調べると・・・・・・
スコール:「・・・・・・?」
スコール:「傘立ての中に カエルがいるぞ?」
ゼル:「ウゲ! マジかよ! うちの母さん、カエルはダメなのに!」

ゼル:「よ、おばさん! こんちは!」
おばさん:「あら、ゼル。また一段とたくましくなったわね」
ゼル:「まぁな~。世界を股にかけて暴れ回っているからな」
おばさん:「それは頼もしいわ。・・・・・・でも・・・・・・」
おばさん:「もうそろそろ、私のこと・・・・・・」
おばさん:「『おばさん』なんて呼ぶのが どんなに失礼だってこと 気づかないかしらね?」
ゼル:「あ、そうか、ごめん。おばさん」
おばさん:「ゼ~ル~・・・・・・もしかして、わざと言ってるの?」

チビ暴れん坊:「オイラ、今日はあんまり 悪いことしてないぞ」
チビ暴れん坊:「・・・・・・」
チビ暴れん坊:「サインしたくらいかなぁ? サインがあると、高くなるって言ってたからさ」
チビ暴れん坊:「内緒だからな!」
-※-壁にかけてある絵を調べると・・・・・・
スコール:「この絵・・・・・・」
スコール:「はしの方に、クレヨンで落書きしてあるぞ。いいのか?」
ゼル:「ウゲ! マジかよ! これ、俺の子供の時の傑作なのに!」

チビ暴れん坊:「オイラ、今日はあんまり 悪いことしてないぞ」
チビ暴れん坊:「・・・・・・」
チビ暴れん坊:「あ、そうだ、すんげー良い物を拾ってきたんだ!」
チビ暴れん坊:「ゼル兄貴の部屋の まくらの下に隠しておいたぜ!」
チビ暴れん坊:「内緒だからな!」

チビ暴れん坊:「げげっ!」
チビ暴れん坊:「オイラを追いつめるたぁ なかなかやるな!」
チビ暴れん坊:「だが、オイラは ここで捕まるわけにはいかないのだー」
チビ暴れん坊:「オイラには オイラの帰りを待っている 何匹もの子どもたちが・・・・・・」
チビ暴れん坊:「・・・・・・って、ゼル兄貴!」
チビ暴れん坊:「まーた、なんかやらかしたなぁ? 誰に追われてるんだ?」
チビ暴れん坊:「オイラ、助けてあげてるんだよ。このままじゃ、あいつら死んじゃうもの」
スコール:「死んじゃう・・・・・・?」
ゼル:「あいつら・・・・・・?」
チビ暴れん坊:「オイラには使命があるのだぜ! あいつらを助けて 海に返してやるのだ!」
ゼル:「あ、おい!・・・・・・」
ゼル:「なんなんだ?」

-※-バラムの町が閉鎖された時、町から一時脱出する手助けをしてくれる
-※-ゼルの家1F奥の部屋で・・・・・・
チビ暴れん坊:「待ってたぜ、ゼル兄貴!俺、この日のために必殺技を準備してきたんだ!」
チビ暴れん坊:「それっ!スーパー・ミラクル・きーーっく!!!」
チビ暴れん坊:「必殺技だもん、必殺な時にしか使わないから安心してくれよな!」
チビ暴れん坊:「じゃ、オイラさっそく、情報収集に行ってくるぜ」
チビ暴れん坊のママ:「また、あの子!危ないから家に色っていうのに!」
チビ暴れん坊のママ:「ゼル、あの子を見かけたら引きずってでも、ここへ連れてきてね」

-※-ゼルの家の隣の家で・・・・・・
チビ暴れん坊:「もう泣くなー。オイラが、こっそり抜け出して様子を見てきてやるからさ」
女の子:「・・・・・・でも・・・・・・兵士がいるよ・・・・・・」
チビ暴れん坊:「だって、オイラの逃げ足は凄いんだぜ!誰にも捕まったことがないんだから!」
女の子:「・・・・・・でも・・・・・・」
チビ暴れん坊:「オイラにおまかせだぜ!」

-※-ゼルの家の前で・・・・・・
チビ暴れん坊:「ゼル兄貴、ありがとうだぜ!」
チビ暴れん坊:「見張りと話していてくれたからオイラ、ホテルのおっちゃんと話せたぜ!」
チビ暴れん坊:「今度はオイラが活躍するぜ!外に出たい時は言ってくれよな!」
もう一度話しかけて「そうだな」を選ぶと町から出られる→くわしくはストーリー攻略Disc2を参照。

スポンサーリンク
@ 2003- FFDQ.com All rights reserved